WordPress 投稿

スマホで撮影した写真をホームページに掲載する際の注意点(位置情報が含まれているかもしれません)

更新日:

以前、ニュースで手の画像から指紋を読み取られ悪用されるとの報道を見ました。

今回、たまたまネットを見ていて、スマホで撮った写真には、位置情報が含まれている場合があり、住所などが特定される可能性があることを知りました。

たぶん、ホームページやブログを作っている人にとっては、常識的なことだと思います。

私には、まだネットの知識が足りないようです。

スマホで撮った写真をホームページに掲載しているので、あわてて確認しました。

幸い位置情報は含まれていませんでしたが、このようなことがあることを知らなかったので、調べてみました。

Sponcerd Link



1.スマホで撮った写真の位置情報とは

スマホで撮った写真には色々なデータが埋め込まれています。

撮影日時、スマホの機種、作成者名、撮影時の設定に加えて、位置情報などです。

これらの情報を「Exit情報」といい、自動的に写真に埋め込まれます。

この位置情報から住所を特定することが可能なようです。

2.位置情報が埋め込まれているかの確認と情報の削除

①スマホの場合

「PhotoCheck」というアプリで位置情報が入っているか確認することができます。

「PhotoCheck」をインストールし、【今すぐ確認する】をタップします。

カメラロールにある写真を一揆に確認することができます。

また、位置情報の削除を実行すると位置情報を削除した写真のコピーが作成されます。

②パソコンで確認する場合

写真を右クリックし、プロパティを選択します。

【詳細】タブをクリックします。

画面下の【プロパティや個人情報を削除】をクリックします。

プロパティの削除の画面になります。

【可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成】を選択して【OK】をクリックします。

情報が削除された画像が新規作成されます。

まとめて削除したい場合は、フリーソフトの「ExifEraser」を使いますと、ドラッグするだけで画像の情報を削除することができます。

3.スマホ(iphone)のカメラの位置情報をオフにする設定方法

iphone側のカメラの位置情報設定をオフにしておけば、埋め込まれた情報を後で削除する手間がなくなります。

まず【設定】-【プライバシー】を選択します。

【位置情報サービス】を選択し、「カメラ」のところを確認します。

「許可しない」を選択します。

4.Exit情報を自動削除するWordPressのプラグイン

Exit情報を自動削除するプラグインとしては「EXIF-Remove-ImageMagic」と「EWWW Image Optimizer」があります。

まだ、私はインストールしていませんので、使い方などは、また導入後にご紹介したいと思います。

5.最後に

写真は、ホームページやブログを構成する重要な要素ですが、取り扱いには注意が必要です。

位置情報もそうですが、著作権の問題もあります。

個人情報が漏れないよう安全に、かつ著作権違反などもしないよう、ネットやニュース、スクールなどで情報を得、記事にしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
komiya

komiya

中小企業で事務の仕事をしています。ホームページ、アフィリエイトの初心者です。コミュニケーションが不得手です。これまで、コーチングやアドラー心理学の講座などコミュニケーションを改善しようと色々受講しましたが、職場ではうまく行かず、むしろ悪化させてしまいました。目標を切り替えて自分1人で、できることをしようと考え、Webスクールに通いこのホームページを作りました。社会人として働いていますが、精神的にはひきこもりです。こんな私ですが、どうかよろしくお願いします。







-WordPress, 投稿

Copyright© 初心者がWebスクールに通って作るホームページ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.