プラグイン

プラグイン「BackWPUp」で自動で確実、簡単にバックアップを取る設定、方法

更新日:

先日、会社で使っていたパソコンがおかしくなり、ほとんどのデータはバックアップしていたのですが、メールデーターのバックアップをとっていなかったので、大変でした。

 

 

バックアップは大事です。せっかく作ったデータが消えると大変です。

ホームページの記事数も増えてきましたので、WordPressのプラグイン「BackWPup」でバックアップを自動で取る方法をご紹介します。

Sponcerd Link



 

1.プラグイン 「BackWPup」 のインストールと有効化

【ダッシュボード】-【プラグイン】-【新規追加】をクリックします。

プラグインの検索窓に「BackWPup」と入力し、エンターをクリックします。

【今すぐインストール】をクリックします。

完了しましたら、【有効化】をクリックします。

【ダッシュボード】に【BackWPup】が追加されます。

2.プラグイン「 BackWPup」 の設定

次に、【ダッシュボード】から【BackWPup】を選択します。

【新規ジョブを追加】を選択し、【このジョブの名前】を入力します。

とりあえず「DailyBackup」と入力しましょう。

【このジョブは…】 は、【データベースのバックアップ】【ファイルのバックアップ】【インストール済みのプラグイン一覧】にチェックをします。

【バックアップファイルの保存方法】は、「フォルダへのバックアップ」にチェックを入れます。

すると「宛先:フォルダー」タブが表示されます。

【ログ送信先メールアドレス】を入力します。

【スケジュール】タブを選択し、【ジョブの開始方法】「WordPressのcron」を選択します。

【スケジューラー】に【タイプ】を選択、【時間】【分】をドロップダウンボックスから選択します。

【時間】【分】は、午前3時0分のようにすると、多くの人がバックアップする時間と重なり、サーバーに負荷がかかることもありえます。

それで、バックアップがうまく行かないことも考えられますので、午前3時30分にしておきましょう。

【バックアップを格納するフォルダー】はそのままでかまいません。

【ファイルを削除】は例えば「15」と設定すると、バックアップが15を超えると古いものから削除されることになります。

「15」くらいあれば、安心ですので「15」にしておきましょう。

【変更を保存】で完了です。

 

これで何かあっても安心ですね。

 

3.サーバーの障害に備え、「BackWPup」のバックアップファイルを自分のパソコンへダウンロードし、保存する方法

さらに、安心のために、サーバーにあるバックアップファイルを自分のパソコンにダウンロードする方法をご説明します。

サーバーに障害が発生し、データーが消えてしまうこともないとは言えません。

まず、【BackWPup】ー【バックアップ】をクリックします。

すると、保存されているバックアップファイルの一覧が表示されます。

自分のパソコンにダウンロードするファイルにチェックをし、【ダウンロード】をクリックします。

これで完了です。

ローカルな環境にも保存しておけば、二重で安心ですね。

The following two tabs change content below.
komiya

komiya

中小企業で事務の仕事をしています。ホームページ、アフィリエイトの初心者です。コミュニケーションが不得手です。これまで、コーチングやアドラー心理学の講座などコミュニケーションを改善しようと色々受講しましたが、職場ではうまく行かず、むしろ悪化させてしまいました。目標を切り替えて自分1人で、できることをしようと考え、Webスクールに通いこのホームページを作りました。社会人として働いていますが、精神的にはひきこもりです。こんな私ですが、どうかよろしくお願いします。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-プラグイン

Copyright© 初心者がWebスクールに通って作るホームページ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.