Web解析

初心者向けGoogle Search Consoleの登録設定方法

更新日:

スクールで、Googleアナリティクスを先に設定し、その後でGoogle Search Consoleを設定することを教わりました。

これから、説明する内容は、Googleアナリティクスを設定した後の内容となります。

この記事をお読みいただいて、Google Search Consoleを設定される方は、Google アナリティクスを先に設定してください。

Googleアナリティクスの設定については、以下をお読みください。

Google アナリティクスの設定とエラーへの対処(ロリポップサーバー)

Sponcerd Link



1.Google Search ConsoleGoogleの検索制御装置)について

Googleの検索情報がみられるサービスです。

サイトの訪問者の検索キーワードの情報を見ることができます。

具体的には、キーワードごとのランディングページ(ユーザーが検索するなどして最初に訪れるページ(着地ページ))や検索結果への表示回数、ページごとのクリック数、クリック率(広告がクリックされた回数を広告が表示された総数で割った比率)、検索順位などを確認することができます。

さらに、Googleから、サイトが適切に認識されているか、検索時にサイトが上位表示されにくい問題が起こっていないかなどをチェックすることも可能です。

また、スマートフォンの急増に合わせ、スマートフォンで使いやすいサイトかチェックし、その改善に活用できる機能である「モバイルフレンドリー機能」もあります。

(2015年5月までは、Googleウェブマスターツールという名称でした。)

2.GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleの違い

Googleアナリティクスは、サイトを訪問した後のユーザーのデーターを解析します。

これに対してGoogle Search Consoleは、サイトを訪問する前のユーザーのデーターを解析します。

より多くのユーザーにサイトを訪問してもらうには、サイト訪問前のデーターを分析し、改善することが重要です。

3.Google Search Consoleの設定

Googleアナリティクスを設定されているものとし、進めて行きます。

①Google Search Consoleのサイトにアクセスします。

Googleアナリティクスと同じアカウントでログインします。

【ウェブサイト】にサイトのURLを入力し、【プロパティを追加】をクリックします。

②「サイトの所有権の確認」(サイトに対して本当に所有権があるかの確認)の画面となります。

【おすすめの方法】推奨:Google アナリティクス【確認】をクリックします。

所有権が証明されると、設定完了です。

【続行】をクリックすると以下の画面になります。

4.まとめ

Googleは、より良いサイトをユーザーに紹介することを目的としています。

そのため、ユーザーにわかりやすい有用なサイトになっているか、問題点はないかといった情報をGoogle Search Consoleを介して提供し、改善を促しています。

Googleの意向に沿って、サイトをよりユーザーにわかりやすく有用なものへ改善して行くことが、検索の上位表示、ひいては集客につながると考えられます。

Google Search Consoleの見方については、以下をお読みください。

ホームページ作成初期のGoogle アナリティクスとGoogle search consoleの簡単な見方(初心者編)

The following two tabs change content below.

komiya

中小企業で事務の仕事をしています。ホームページ、アフィリエイトの初心者です。コミュニケーションが不得手です。これまで、コーチングやアドラー心理学の講座などコミュニケーションを改善しようと色々受講しましたが、職場ではうまく行かず、むしろ悪化させてしまいました。目標を切り替えて自分1人で、できることをしようと考え、Webスクールに通いこのホームページを作りました。社会人として働いていますが、精神的にはひきこもりです。こんな私ですが、どうかよろしくお願いします。







-Web解析

Copyright© 初心者がWebスクールに通って作るホームページ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.